オールインワンゲル エイジングケア ! 30代からの市販 トライアル

2020/3/4修正して更新

 

肌は、角質と細胞間脂質が幾重にも重なり構成されています。

 

化粧水は、角質に水分補給する目的で塗布し、肌のふくらみを保持する保湿の役割と、肌を柔らかくし次に使う化粧品の浸透を助ける役割があります。

 

化粧水を最初に使うことを推奨している理由がここにあります。

 

乳液は、細胞間脂質を整え化粧水によって、水分補給状態の肌の角質を守るためにバリアを作る作用があります。

 

保湿でも化粧水と乳液では作用が違います

 

上記のように、化粧水や乳液などの基礎化粧品の効果とオールインワン化粧品を比較した場合、物足りない部分が見受けられます。

 

オールインワン化粧品を使う場合には、この点を理解した上で使用しましょう。

 

 

肌老化の三大原因

 

糖化

 

体内で糖とタンパク質が結び付き、一種の老廃物である最終化生成(AGEs)に変化。

 

糖化が進むと、タンパク質であるコラーゲン・エラスチンが固まってしまい、ハリが失われ、くすみの元に。

 

糖化は食後血糖値が急に上がることで起るため、低GI値の食べ物がおすすめ。

 

玄米・まめ類が代表的な低GI値の食べ物

 

エイジングケアのベースになる食べ物

 

ベースとなる食べ物は「和食」、和食は玄米菜食を中心に大豆製品・海藻類などを組み合わせた、低カロリーで栄養バランスのとれた食事。

 

特に「まごはやさしい」はおすすめ。

 

 

老化を早める食べ物

 

砂糖・人工甘味料・トランス脂肪酸が入っているカップ麺やマクドナルドなどのジャンクフードを含む食べ物、アルコール、栄養ドリンク、炭水化物、揚げ物などがあります。

 

酸化

 

体内の活性酸素がタンパク質を傷害し、働きを低下させる。

 

紫外線を浴びたり、加齢による活性酸素が大量発生し、シミ・シワの原因に。

 

 

乾燥

 

加齢等により皮脂分泌量が低下し、細胞間質の減少が進み、肌保水力が落ちるため弾力が失われる。

 

そのため、肌表面の小シワができやすくなり、真皮まで影響すると、たるみなどの原因に。

 

 

対策は・・・

 

スキンケア成分の見直し+食生活

 

30代からのエイジングケア成分

 

コエンザイム Q10

 

強い抗酸化作用(活性酸素抑制作用) とエネルギー産生作用を併せ持つ成分。

 

元々体内にあり、必要不可欠な存在だが年齢と共に減少していく。

 

レチノール(ビタミンA)

 

コラーゲン生成をサポートしたり、 ターンオーバーの正常化、皮脂分泌抑制を行う成分。

 

但し、レチノイド反応という副作用の危険性があるため、敏感肌には注意が必要な成分。

 

EGF

 

表記名は「ヒトオリゴペプチド-1」表皮細胞の修復・成長を促進し、ダメージを受けた皮膚や粘膜を再生させる働きがある。

 

※類似のFGFは真皮の修復を促す因子

 

ヒト幹細胞培養液

 

幹細胞を培養する時に分泌する培養液を配合したコスメ。

 

この培養液中には多く美容成分が含まれ、表皮・真幹細胞に働きかけ、肌そのものを活性化させ、肌老化に対し根本的アプローチする成分。

 

フラバンジェノール(R)

 

8000種類以上もあるといわれるポリフェノール成分の一つで、特に高い抗酸化力があるとされています。

 

シワ・シミ・くすみ改善作用とコラーゲン生成作用

 

フラーレン

 

抗酸化作用(活性酸素抑制作用)がビタミンC・コエンザイム・アスタキサンチンよりも強いとされ、抗酸化力が長時間持続する特徴があります。

 

また、紫外線に強い特徴もあり、フラーレン入り化粧品をスキンケアで使用すると、強い紫外線をあびる生活シーンでも効果が期待できるとされています。

 

フラーレン入り化粧品を選ぶには、ロゴマークがついてるものがベスト

 

このロゴマークは、フラーレンが化粧品原料の1%以上配合された化粧品に付けられます。

 

シンエイク

 

蛇の毒作用をエイジングケアに応用した成分。

 

しわ・たるみに高い効果があると海外の権威ある賞も受賞しています。

 

蛇の毒が原料なので、使用するには心配な方も多いと思いますが、現時点で副作用・健康被害が一切確認されていない成分です。

 

SWT-7

 

縦ジワをケアする抗シワ作用が特徴。

 

プロジェリン

 

老化タンパク質を抑制し、コラーゲン・エラスチンの働きを活性化する成分、小ジワには即効性があるとされています。

 

ラクトフェリン

 

ラクトフェリンは羊水や母乳に含まれる免疫成分、年齢と共に減少するコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン生成促進作用があります。

 

ラクトフェリンラボの研究結果では・・・・

 

コラーゲン生成量→160%アップ

 

ヒアルロン酸生成量→350%アップ

 

エラスチン生成量→170%アップ

 

ラクトフェリンラボ 引用

 

有効な保湿成分

 

セラミド

 

最強の保湿成分。種類はたくさんあるが、ヒト型セラミドが最も肌なじみよく保湿効果も高い。

 

 

 

●ヒアルロン酸

 

1gで6Lの水を抱え込める成分。

 

真皮内でコラーゲンの間を埋めているゼリーのように水分を抱え込んで、その場に留まることで保湿してくれる。

 

 

 

コラーゲン

 

真皮の約7割を占める成分で、 肌の弾力をつくっている。

 

加工されていなと分子が大きいため浸透が難しい、肌表面に留まりバリアを作り内部からの蒸発を防ぐ役割もある。

 

 

 

●プロテオグリカン

 

ヒアルロン酸と同等、それ以上の保湿力をもつ成分。

 

ヒアルロン酸産出促進作用・EGF様作用を持つため、エイジングケアにもベストな成分。

 

 

 

●ライスパワー No.11

 

肌の水分保持力を改善させるという効果が認められた医薬部外品の有効成分

 

セラミドを産出し、肌のバリア機能を高め乾燥を防ぐ。

 

乾燥肌、超乾燥肌の方におすすめです。

 

オールインワンゲル エイジングケア トライアル 有効成分比較

 

プロジェマックススターターセット

 

5日分1.800円(税込)送料無料

オールインワンクリーム+アイクリーム

 

成分名 使用状況
エイジング成分

シンエイク・SWT-7・プロジェリン・プロテオグリカン

保湿成分

セラミドNP/セラミドAP/コラーゲン/エラスチン/ヒアルロン酸

 

【イデアアクトR】年齢肌にハリ、潤い、実感 プロジェマックススターターセット

 

 

 

メディユース パワーエッセンスゲル

 

>

30日分2.900円(税別)送料345円〜

オールインワンクリーム

 

成分名 使用状況
エイジング成分

EGF・コエンザイムQ10

保湿成分

ビタミンC誘導体/プラセンタ/ヒアルロン酸

 

メディユース パワーエッセンスゲル

 

 

 

ユーリッチ

 

定期初回4.023円(税込)送料無料

定期解約⇒2回目からOk

 

成分名 使用状況
エイジング成分

シンエイク

保湿成分

セラミド3/コラーゲン/ヒアルロン酸/アルガンオイル

 

Yourich ユーリッチ

 

 

 

リ・ダーマラボ

 

定期初回2.484円(税込)送料無料

定期解約⇒2回目からOk

 

成分名 使用状況
エイジング成分

EGF・FGF・コエンザイムQ10・レチノール

保湿成分

セラミドNP/セラミドAP/セラミドNG/セラミドAS/セラミドEOP/ナノセラミド3種のヒアルロン酸

 

徹底保湿のオールインワンゲル リ・ダーマラボ

 

 

 

ヒト幹細胞美容液 WABIO(ワビオ)

 

定期30日分19.440円(税込)送料無料

定期解約⇒2回目からOK

 

成分名 使用状況
エイジング成分

ヒト幹細胞培養液

保湿成分

3種のヒアルロン酸/ビタミンC

 

ヒト幹細胞美容液 WABIO(ワビオ)

 

関連記事

 

遺伝子検査!エイジングケア おすすめ

関連ページ

オールインワンゲル30代からの美白ランキング
オールインワンゲル注意事項⇒美白化粧品の選び方と医薬部外品表記できる美白成分⇒30代からの美白オールインワンゲルの効果的な選び方⇒オールインワンゲル医薬部外品美白有効成分ランキング
乾燥肌 オールインワンゲル 市販!ヒト型セラミド配合がおすすめ
オールインワンゲル注意事項⇒乾燥肌の原因と対策⇒乾燥肌に効果的な市販オールインワンゲルの選び方⇒ヒト型セラミドの化粧品成分表記⇒乾燥肌オールインワンゲル市販 ヒト型セラミド配合量ランキング・・・
オールインワンゲル 敏感肌用!市販 トライアル
オールインワンゲルと基礎化粧品の違い⇒敏感肌の原因と対策⇒敏感肌用オールインワンゲルの選び方⇒簡易パッチテストの方法⇒オールインワンゲル敏感肌用トライアル市販 界面活性剤不使用+ヒト型セラミド+その他保湿有効成分ランキング
オールインワンゲル ファンデ ! UVカットランキング
紫外線の種類と反射率⇒オールインワンゲル ファンデのSPF値・PA値の見分け方⇒オールインワンゲル ファンデの使用上の注意⇒オールインワンゲル ファンデ UVカットランキング
オールインワンゲル ニキビ
基礎化粧品とオールインワンゲルの違い⇒毛穴汚れを綺麗にする医薬部外品成分⇒ニキビ炎症を抑える医薬部外品成分⇒オールインワンゲル ニキビ医薬部外品成分含有量ランキング
オールインワンゲル男性
脂性肌(オイリー肌)男性化粧品の選び方⇒男性オールインワンゲル医薬部外品とは⇒男性乾燥肌に効果的な化粧品⇒敏感肌の改善方法⇒混合肌男性化粧品の選び方