フッ素入り歯磨き粉 ! 大人と子供の効果的な使い方

サブスクB【初回980円】

 

2021/9/1修正して更新

 

まずは、動画をみてください約6分・・・・・・・・

 

 

上記動画の歯医者さんが指摘しているポイントは・・・・・

 

歯磨き粉の1回に使う量

 

疫学的調査から、虫歯の罹患率を減少させるフッ素の目安量は、1日体重1kgあたり0.02〜0.05mg、上限は0.1mg。

 

つまり、子供と大人では、使用するフッ素入り歯磨き粉の量も違います。

 

フッ素入り歯磨き粉の濃度と量の目安

 

●3〜5歳⇒濃度500ppmの歯磨き粉を約5mm

 

●6〜14歳⇒濃度1000ppmの歯磨き粉を約1cm

 

●15歳〜⇒濃度1500ppmの歯磨き粉を約2cm

 

フッ素入り歯磨き粉の歯磨きの仕方

 

フッ素の虫歯予防効果を最大限にするには、歯の周辺にフッ素を長時間存在させることが必要です。

 

その方法として、フッ素入り歯磨き粉を付け、いきなり歯磨きをするのではなく、歯磨きの前に歯面全体にフッ素入り歯磨き粉を塗り広げてから歯磨きするのが効果的な使い方となります。

 

歯磨き後の「うがい」の仕方

 

歯磨き後、思いっきり「うがい」すると、フッ素の効果的な使い方である「歯の周辺にフッ素を長時間存在させる」ことを妨げます。

 

そのため、歯磨き後は、すぐに思いっきり「うがい」しないことが効果的な使い方となります。

 

⇒フッ素入り歯磨き粉の効果は

 

関連ページ

ホワイトニング キット led ! 自宅でできる おすすめランキング
歯科医院のledホワイトニングは「漂泊」、自宅でできるledホワイトニングキットは「コーティング効果」と違いがあるのです。自宅でできるledホワイトニングキットは「酸化チタンが含まれているか」がポイントになります。
フッ素 歯磨き 虫歯予防 ! 歯磨きは虫歯予防にならない
虫歯の予防効果が高いのは「歯磨き」と教えられてきました。歯磨きに「むし歯の予防効果」がない理由⇒フッ素による虫歯予防⇒虫歯にならない2つの方法⇒フッ素入り歯磨き剤の効果的な使い方・・・